おできというよりポツポツとしたものが首イボ!その予防と対策

考え込む女性

イボと聞くとおできを想像しますが、それよりも小さくまるで隆起したものになるのが首イボです。イボとは言い難いものであり、悪性ではないように感じますが、見た目もあまりよろしくないものになりますので、対処を求める人も多いでしょう。

首イボはこのようにできる

皮膚や脂肪が首イボを構成しており、その多くが良性の腫瘍になっています。原因は皮膚のターンオーバーがうまくいかないことによってできることが多く、新陳代謝の低下が要因になることが多いです。

できてしまえば、自然に治るものではなく、取り除く必要があります。点在している場合は、治療に時間が掛かりますので、できにくくする体質改善が効果的な対処方法になっています。

できやすい人がいる

首イボができる人の多くが30歳以上になっており、若い人はあまり見られることがありません。原因が新陳代謝の低下になっていますので、それも当然になるでしょう。

また乾燥肌やざらざらした手触りがある人はなりやすいと言われています。首イボは新陳代謝の低下によって引き起こされますが、肌と服またはアクセサリー等の摩擦によって刺激され、できやすくなることがわかっています。

乾燥肌になると摩擦が生まれやすいので、できやすい体質と言えます。また肌がざらざらと隆起しているのは、首イボができる前兆になります。このような人は要注意と言えるでしょう。

できた場合の対処

市販の外用薬、または専門の美容液で取り除くことも可能ですが、すべての首イボに対処できるわけではありません。そのほとんどが良性の腫瘍になっていますが、なかにはウイルスによってできる首イボもあり、まれになりますが悪性の腫瘍の可能性も。

外用薬や美容液で改善が見られない場合は、皮膚科に相談することをおすすめします。その場合は液体窒素などを使って取り除くことが多いです。

また取り除くと痕が残る可能性もありますので、美容外科で取り除く人も最近では増えています。その場合、保険診療外になりますので、費用と相談して決めると良いでしょう。

治療費用を疑問に感じている女性

予防が大きな効果になる

出来た場合の対処は取り除くことが最善の方法になりますが、首イボ対策で最も大切なことは予防になりますので、怠らないようにしましょう。

原因が新陳代謝の低下と乾燥肌になりますので、その改善をするだけでもまったく変わってきます。スキンケアを毎日怠らずにしている人にはできやすいことがわかっていますので、保湿を求めてケアをしてください。

簡単にケアをすることができるオールインケア製品も数多く販売されていますので、保湿から攻めるのであれば、このような対処でも効果があります。

また首イボ専門のクリームもあります。首イボに効果があるとされるヨクイニンが配合された製品が効果的です。

正しい治療が必要

まれにウイルス性や悪性の腫瘍の可能性もありますので、できた場合は自分で対処をせずにクリニックに行くことをおすすめします。

良性の腫瘍であったとしても、増殖するのが首イボですので、見た目ではなかなか判断しにくいです。女性であれば見た目が気になる人も多いですので、一度皮膚科で相談してみることをおすすめします。

できた場合は皮膚科で相談を

首イボができた場合は自分で対処すると言っても限界がありますので、専門家の手を借りるようにしましょう。ほとんどが良性の腫瘍になりますが、なかには治療が必要になることもありますので、そのままにしておかずにアドバイスを求めると良いでしょう。