1. ホーム
  2. 除去方法
  3. ≫そのポツポツやソバカスみたいな首イボそのままにしていても大丈夫?

そのポツポツやソバカスみたいな首イボそのままにしていても大丈夫?

鏡を見たときにいままでなかった首の変化に気付くことがあります。首は老化が表れやすい部分ですが、ポツポツやそばかすみたいなシミがあった場合、それは首イボになります。

イボと指摘されることに違和感を感じるレベルのものですが、やはりちょっと気になる存在になるでしょう。

左頬にできたイボ

ほとんどが良性腫瘍

できたボツボツやそばかすのような首イボのほとんどが良性腫瘍になっています。イボを構成しているのは皮膚と脂肪であり、新陳代謝がうまくいかなくなったことによってできることが多いです。

また乾燥をすることによって服やアクセサリーの刺激が加わり、それによってできることも指摘されています。そのままにしていても構いませんが、増えていくのも首イボの特徴。増える良性腫瘍と言えるでしょう。

まれに治療が必要なこと

ほとんどが良性腫瘍と言いましたが、治療が必要になるケースの首イボもあります。ウイルスによってできるイボや、まれに悪性腫瘍であることもあります。

ここが一番怖い点であり、ウイルスであれば他人に感染させてしまうこともあります。悪性腫瘍であれば転移の可能性もありますので、放置できるものではありません。

できれば専門家である皮膚科で見てもらうことをおすすめします。

取り除くことができる

イボは外科的治療によって取り除くことができます。ほとんどが数ミリ程度のイボになりますので、入院もする必要がなく取り除けます。数が多い場合は通院が必要になることも。

念のために細胞を検査しますので、そのときにウイルスか悪性の区別を付けることができます。

原因を知り対策をすることが大切

原因は老化になり、避けられないものが首イボでもあります。保湿や抗酸化作用こそが予防になりますので、対策をすることが大切です。