1. ホーム
  2. 除去方法
  3. ≫首イボを除去する方法の選択肢についてまとめてみました

首イボを除去する方法の選択肢についてまとめてみました

あらかじめイボの種類を把握しておいて、少しでも違和感があったら、皮膚科で診てもらうとカンタンかつ安全にイボを除去してもらえます。

特に、自分の体質にあった治療方法がよくわからない方の場合には、初期段階から専門医に診断してもらった方が無難と言えます。

イボができるメカニズムの図解

ピンセットやハサミによってイボを切除してもらう方法は施術がはやい上に医療費が安いです。

ピンセットやハサミを使用することで、皮膚科の専門医の方に、即日イボを切除してもらうことが可能です。小さな内にしか用いられませんが、施術はカンタンに完了しますし、その分だけ、医療費も比較的安価に済ませることができます。

液体窒素で冷凍する方法ならば2週間ほどで治療の跡まで完治できます。

イボを液体窒素で冷凍することで、組織を死滅させて治療することができます。治療の跡はかさぶたになってしまうものの、だいたい2週間ほどで自然にとれるので、比較的カンタンで安全な治療法と言えます。

炭酸ガスのレーザーならば一瞬でイボを焼き切ることができます。

炭酸ガスのレーザーを使用することで、イボを焼き切って治療することも可能です。基本的に焼き切るのは一瞬ですが、イボの数が多すぎる場合には数日間に分けて施術する必要があるので注意が必要です。

場合によっては保険の適応が利かないこともあるので、きちんと医師に確認してから治療しましょう。

イボの根元をメスを使用して治療する方法も選択できます。

局所麻酔をあらかじめおこなった上で、イボの根元にメスを刺すことで治療できます。切開した部分は治療後に縫い付ける必要がありますが、だいたい半年ほどで傷や赤みがほとんど消えて、もとの状態に回復するので安心です。

首イボを治療するためには、さまざまな方法が用意されていますが、専門医の方にきちんと相談した上で、自分にあった方法を選択することをおすすめします。